Webistとは?
口コミや特徴を徹底紹介!

株式会社クリーク・アンド・リバー社の運営するIT(SE・SES)の就職、転職サイト「Webist」の口コミや評判をまとめてみました。

「Webistに興味がある」「待遇を改善したい」「人間関係を一新したい」「IT技術をを高めたい」そんな方におすすめです!

Webディレクターやデザイナー、プロデューサー、エンジニア等を狙えます!

Webistの詳細情報

Webistの画像

サービス名称Webist
運営会社株式会社クリーク・アンド・リバー社
求める資格

未経験者でも可

目指せる仕事Webディレクターやデザイナー、プロデューサー、エンジニア 他
対応地域
全国対応
公式サイト

Webist

Webistとは、
こんなIT(SE・SES)の就職、転職サイトです!

  • WEB業界に特化した転職サポート
  • WEBクリエイターの派遣にも対応
  • WEBデザイナー、ディレクターも対応
  • 求人数が非常に多い
  • 未経験OK!気軽に相談できる
  • エージェントからのしつこい電話や催促は無し

 

「就職するべきか、しないべきか」という点で悩んでいる方は以下記事をご参照ください。

Webistで就職・転職すべき人、しない方が良い人の特徴

まずは、自分が今すぐ就職・転職すべきかどうかを客観的に判断してみましょう。

転職した方が良いのはこんな人

以下のような方は今すぐ就職・転職した方が良いと思います。

  1. 人間関係で悩んでいる(上司からのパワハラなど含む)
  2. 長時間労働がひどい
  3. お給料が足りない
  4. 経営状態が悪く、5年後存続していない可能性がある

特に「人間関係に悩んでいる」という方は多いですね。

また、①~③はいずれもブラック企業の特徴でもあるのです。

事態が今よりも深刻化する前に手を打っていきましょう。

就職、転職しない方が良いのはこんな人

逆に、次の3つに当てはまる方は、今すぐ就職・転職しなくても良いと思います。

  1. 就職後1か月目など、まだ就職して間もない人
  2. 仕事内容、年収、福利厚生、休日、環境、勤務地、労働時間など自分の条件を全てを満たしてくれる会社を求めている人
    そんな仕事は本当に稀です。
  3. なんとなく就職、転職しようと思っている人(転職してどうなりたいか、明確な目的を持つべきです)

転職する方向けに参考資料をご用意しました↓

参考資料:「転職」で収入は増えるか?

ちなみに、こちらは政府統計をグラフ化したものです。

転職後の収入増減率
厚生労働省 政府統計 平成27年転職者実態調査の概況より

「給料を上げたい!」と思っても、全年齢を平均すると40%ほどの成功率※となります。

思ったよりも厳しいと感じる方も多いのではないでしょうか?

これが『転職すれば給料は増える』と安易に考えることは危険だと言われる理由です。

闇雲に就活・転職をすることはリスクです。

Webistを利用してプロのサポートを受けたり、求人を厳選し、リスクを最大限に回避した転職を目指しましょう。

15~19歳の場合は66.4%の確率で収入が増加。

 

Webistの評判は?
口コミを徹底調査しました!

【調査対象】当サイト&Facebook&Twitter&公式サイト&大手口コミサイト

はじめての転職ということもあり、自分の経験やスキルが世の中でどの程度通用するのか全く分かりませんでした。「よく、そんなレベルで」なんて言われそうで、求人に応募できなかったんです。そんな時に、たまたま見つけたのがWebistでした。

登録後、転職エージェントに素直に悩みや不安を打ち明け、経験やスキルなどお話したところ、自分が思っている以上に “市場価値が高い”と言っていただけました。

さらに、キャリアプランもアドバイスいただき、お仕事もいくつか紹介してくれました。

最終的に選んだのは、急成長中の有名ベンチャー企業。今は成長意欲の高いメンバーに囲まれて、充実した毎日を送っています!

これまで、何度も誰もが知っているような有名なクライアントのデザインを手がけました。マークアップやイラスト作成もでき、スキルには自信があるんです。でも、転職の面接では連戦連敗。原因は極度の緊張症で、はじめての人と話すのがとにかく苦手。

Webistの転職エージェントの方に相談したら「まず、スキルや経験をしっかり伝えるポートフォリオにしましょう!サポートします」と提案してくれました。

さらに「想定質問を用意して面接の練習をおきましょう」と、面接の練習にも何度もお付き合いいただきました。

最終的に、大手スマホアプリ運営会社への転職が決定。苦手なことに対応するためにどう準備するべきか、ということの大切さを知った気がしました。もっと早く相談すればよかったなぁと思いましたね。

引き続き口コミ・評判を募集中!
ご投稿いただける方はこちら

N.Hiroshi
(管理人)

ここからはN.Hiroshi(管理人)が思ったことなどを書いていきます!

できるだけ完結にメリット・デメリットをまとめてみました!

Webistの良い点・悪い点

Webistの
良いところ

WEB業界を専門としており、特定の分野で活躍したい方にとってはまさに最適なサービスとなります。

WEBデザイナー、WEBディレクターの方に特にマッチしていますが、

コーダー ・マークアップエンジニア ・フロントエンドエンジニア ・Webプログラマ ・Webマーケッター ・Webマスター ・Webコンサルタント ・Webプロデューサー ・Webライター ・グラフィックデザイナー ・編集・ライター ・カメラマン ・クリエイティブディレクター..

などなど守備範囲が広く、非常に利用しやすいサービスと言えるでしょう。

Webistの
悪いところ

WEB業界専門なので、この業界で働くために必要なスキルが伴っていないと就業は難しいでしょう。

未経験・実務経験なしでもサポートしてくれるようですが、実際に就業するとなるとスキル0というのは厳しいと重います。

また、WEB業界に限らず、幅広い分野で活躍したいSEの方は別のエージェントの方が適していると思います。

全てが完璧な就職、転職サイトはありません。重要なのは自分のキャリアパスや経験にマッチしているかということ。併せて、複数の就職、転職サイトを活用することも検討してください。


N.Hiroshi
(管理人)

株式会社クリーク・アンド・リバー社が運営するWebistの魅力を色々と書いてみました。

「待遇を改善したい」「人間関係を一新したい」「IT技術をを高めたい」そんな方におすすめです!

最後にもう少しだけ補足してみます。

WEB業界の様々な職種をサポート

IT業界の転職エージェントというと、どうしてもSE募集が多いのが実情です。

しかし、こちらのサービスは「ばりばりプログラム書きます」という方も歓迎ですが、もっとクリエイター寄りのサービスだと思います。

具体的には、前述した通りコーダー ・マークアップエンジニア ・フロントエンドエンジニア ・Webプログラマ ・Webマーケッター ・Webマスター ・Webコンサルタント ・Webプロデューサー ・Webライター ・グラフィックデザイナー ・編集・ライター ・カメラマン ・クリエイティブディレクター..

これらに加えてWEBデザイナー、WEBディレクターが主要な利用者のようです。

国内最大級の求人数

Webistの素晴らしい点は、その求人数の手広さにあります。

この手のサービスは関東エリア、東京だけという場合が多いですが、こちらは「全国対応」。

それゆえに取り扱う求人数の数も国内最大級で、職種も多岐に渡っています。

「こんなサービスを待っていた!」

という方も多いのではないでしょうか?

一人で転職を考えて悩んでいるWEBクリエイターの方や、

もっとキャリアアップしたい、スキルアップしたいという熱意ある方は積極的に活用することをおすすめします。

以下記事もご参照ください。

Webistでこんな求人を探そう

ブラック企業を避け、良求人を見極めなら求人をよく確認し、ポイントを見極めることが重要です。

次のようなフレーズが含まれた求人は、比較的ホワイト求人の可能性が高いです。

  1. 残業代・残業時間の規定が明確に掲載されている
  2. 明確に企業理念を掲載している
  3. 創業後10年以上経過している(10年存続できる企業は6%ほど。10年存続している時点で持続性が高い企業と考えられす)

誠実で、求人の目的がハッキリしている求人かどうかがポイントです!

大企業の求人の方が良い、は本当?

ところで、よく「大規模な会社(大企業)の方が待遇が良い」と言われますが...そんな事はありません。

大企業でも労働者を使い捨てにする会社もありますし、小規模な会社でも少数精鋭で好待遇の会社もあります。

求人との出会いは一期一会なので、規模に拘らずアンテナを広げて検討した方が良いと思います!

こんな求人は避けた方が無難!

ブラック企業(極端な長時間労働やパワハラが横行した会社に対する通称)かどうかは求人の段階である程度見分けられると言われています。

Webistを利用することでリスクを最小限にできますが、ポイントをしっかり押さえておけば、より安心です。

求人をよく確認し、以下のようなフレーズが含まれていたら注意し、いわゆる「地雷求人」を回避しましょう。

  1. 年収の募集幅が広すぎる(「月収20万~60万」など)
  2. 「成果次第で特別報酬」など成果至上主義を感じさせる表現
  3. 平均年齢がかなり若い(「30代前後のフレッシュな職場」など)
    ※離職率が高く定着率が低い職場の可能性があります
①について
「月収20万~60万」など基準があいまいな求人は危険信号。
②について
成果次第、というのは企業にとっては都合の良い言葉。成果が上がらない場合は長時間労働やサビ残を強いられるケースも。
③について
「30代前後のフレッシュな職場」などと聞くと聞こえが良いですが、職場の年齢が若いのはブラック企業に見られる特徴の一つ。危険信号だと思いましょう。

 

Webist利用開始までの流れ

登録は1分ほどで完了。簡単です!

  • ①公式サイトに行く
  • ②内容をよく読む
  • ③名前や連絡先を入力して登録
  • ④サポート開始!!

\ Web業界専門。クリエイター向け /Webist

  • WEB業界に特化した転職サポート
  • WEBクリエイターの派遣にも対応
  • WEBデザイナー、ディレクターも対応
  • 求人数が非常に多い
  • 未経験OK!気軽に相談できる
  • エージェントからのしつこい電話や催促は無し
サービス名称Webist
運営会社株式会社クリーク・アンド・リバー社
求める資格

未経験者でも可

目指せる仕事Webディレクターやデザイナー、プロデューサー、エンジニア 他
対応地域
全国対応
公式サイト

Webist

Webistのメリット

Webistのメリット画像


Webistのメリット画像

引用元:Webist

Webistの
退会・キャンセル方法

公式サイト内に明記されているわけではないようですが、基本的に電話・メールなどで会員登録や申し込みを解除することができます。

詳細や具体的な解約手順などが気になる方は、事前にWebistへ直接お問い合わせください。

N.Hiroshi
(管理人)

以上、Webistのご紹介でした。

より詳細な情報は公式サイトからご確認ください。

Webistは最悪?」「Webistはしつこい?」「Webistの運営会社情報」などのコンテンツも掲載中。

また、このサイトでは他にもたくさんのIT(SE・SES)の就職、転職サイトをご紹介しています。
ぜひ、自分のキャリアパスや経験にマッチしたIT(SE・SES)の就職、転職サイトを探してみてください。


Webist

IT(SE・SES)の就職、転職する方は平均2つの就職、転職サイトを利用しています。

情報の質と量を重視する事が成功のコツ。

そのため、複数の就職、転職サイトを利用した方が合理的です。

出会える求人の数が増えるだけではなく、担当や提供されるサービスと相性が悪かった場合の保険にもなるからです。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票)
読み込み中...