SES業界の将来性は?キャリアを積んで昇給できる?

SES(システムエンジニアリングサービス)企業で働く僕が、この業界の将来性やキャリアについてぶっちゃけて書いてみたいと思います。

良いことばかりは書きませんので、SES企業に入ろうと思っている方や、IT企業に希望を抱いている方はちょっと覚悟してください..!

SES業界の将来性について

ぶっちゃけると、SES(システムエンジニアリングサービス)業界は法律の抜け穴でビジネスを行っているようなもので、もし国が一斉に取り締まると言った暁にはSES企業は終わりでしょう。

SESは「多重下請構造」が蔓延しています。

法律違反の「多重派遣」に抵触しないよう、「請負」という契約を取りますが、実態は「派遣」と同じように労働者を働かせている企業が非常に多いのです。

例えばSEが客先に常駐した時、右隣、左隣で作業している人の会社名が分からないことは良くあります。

また、本来はお客様が業務を指示してはいけませんが(契約の形態が「請負」の為)、暗黙の了解でお客様が指示をしている事もありますし、それはほとんどの場合黙認されています。

また、SESは比較的参入障壁が低いビジネスなので、新規参入する企業が多く、業界内の競争が激しい点も労働者を不安にさせます。

でもまだまだ食えそう、SES。

そんな危なっかしい商売のSESビジネスですが、正直に言ってしまうと、これを国が完全に取り締まることは不可能に近いと思います。

何故なら、ますます促進されるべき社会のIT化においてSESの果たす役割は非常に大きいからです。

取り締まると社会のIT化や成長が見込めなくなるでしょう。

その根拠とは言えませんが、例えば工事現場でも多重下請構造は蔓延しておりますが、未だ取り締まわれてないですよね?

これも同じ理由で、取り締まってしまうと社会的な成長が止まってしまうからです。

SESはキャリアアップして年収アップできる?

SESの将来性に絡めて、SES企業でキャリアを積んだ場合に、キャリアアップして年収を上げることが出来るか考えてみましょう。

結論から言うと、昇給に関しては会社毎に異なるので一概には言えません。

成績に関わらず、年功序列で勤続年数が上がるほど昇給できる会社も未だにあります。

逆に、ベンチャー系企業の多くは歩合制を取り入れており、成績を出せば出す程昇給する仕組みとなっています。

その為、私の前職には一般社員でありながら月収120万の方がいました。

年功序列でキャリアを高めたいのか、野心を持ってキャリアと年収を上げたいのか。

これはSES会社を選ぶ際の基準の1つとなるでしょう。

余談

歩合が入っている会社は競争が激しく、正攻法で勝負しない方が少なからずおります。

少し脱線してその話をしましょう。

私の知っている「高年収SES営業」は、デマを流して他の営業の妨害をするのが得意でした。

同時に上司に媚を売り続け、上司の顧客を手に入れたり、社員間で結託して(賄賂のような感じです)成績を伸ばしていました。

倫理的に色々と問題がありましたが、それでも会社にお金を運ぶ彼は「ヒーロー」扱いされていましたが、これが「成績至上主義」の実態をよく表した実例と言えるでしょう。

私の現在の職場の場合

ちなみに、私の現在の職場は少し変わった「歩合制」です。

会社全体・部全体でいかに協力して成績を出すか、そして成績を出した際の個人の貢献度に応じて随時昇給する仕組みが採用されています。

例えば、実際に個人成績は出していなくとも、他の営業のサポートに回ったり、コントロールしていても昇給対象となります。

スタートはもちろん一番下でしたが、今は個人成績も出しつつ、周りの営業のサポートも行い、現在は10万程昇給しておりますが、まだまだ昇給出来ると思っております。

つい先日、社長が起業当時から掲げた目標をクリアした事で、新部署立ち上げでリーダーを任命されました。

私には、この会社の「歩合制」が合っていたのだと思います。

今は営業職で年収1000万を目指してキャリアアップ、昇給をすべく努力の日々です。

 

今、成績や年収に伸び悩んでいる方は「評価の仕組み」が合っていないのではないでしょうか?

職場を変えてみる事で、新しい可能性を模索してみるのも懸命だと思います。

※他の記事で書いていますが、私は現在SES企業2社目ですが、前職はブラックで精神的におかしくなりました笑

この記事を評価する

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...